新しくなった クロックスのビーチラインボートシューを履いてみました。

2015年 春夏の新作は、カラーリングが新しくなっただけではナイのです。

ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメンは、ツルっとしていたアッパーが「キャンバス生地」になりました。見た目が一層、タウンユース向きになったそうなので・・見てみよう!!

ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメン

クロックス オンラインショップ

<2015 NEW>beach line hybrid boat shoe w

シャルトリューズ(chartreuse / white)を履いてみました。淡いイエローカラーで、流行の白コーデにも似合いますよ。

「ボートシュー」もしくは「デッキシューズ」

クロックスのボートシューには「穴」が開けられています。シューズ内部の通気にも、一役かってる感じかな。

ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメン

ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメン – crocs Beach Line Hybrid Boat Shoe W

楽しくて新しいボートシュー。キャンバスアッパーと「クロスライト」素材のヒールカウンターの組み合わせで、よりタウンユース向きのデザイン。シューレースは調節可能。フットベッドのストライプがマリン気分を高めます。シューズ本体の「クロスライト」素材で、軽い履き心地と快適なクッション性を実現。アウトソールはラバー付きで、歩きやすさと耐久性を向上。引用/クロックス公式オンラインショップ

<新作ビーチライン>キャンバス×クロスライト素材

アップデートされた、新ビーチライン。こちらは女性用(ウィメンズ)モデルです。

コレクション自体は3年目に入るそうで、既存モデルには「クロスライト」=合成樹脂が主に使われていました。

ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメンは、アッパー(甲)部分が「キャンバス」になったんだって。

ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメン

素材/(甲):ポリエステル 、(底):合成樹脂/ゴム

ビーチライン ボート シュー ウィメン

(旧)ビーチライン ボート シュー ウィメン

↑↓ 新旧の比較です。(つま先のあたり)艶感のある合成樹脂から 布地になると・・クロックスに見えにくい??かもしれないですね。

(新)ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメン

ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメン

辛口なコメントをすると・・どこにでもありそうな靴?・・に見えそうですが、ユニークな「穴」を開けちゃうあたりが、クロックス?!

素材に気密性があり、冬はあったかく履けますが、夏のクロックスはちょっと蒸れやすい。なんていう、デメリットに対抗しているのだろうか。ここで、まさかの通気口を確保。

さらに(穴のせい、だけではないが)履いていて、軽い!! クロスライトが軽量素材なのです。

ビーチライン ボート シュー ウィメン

新作も、フットベッド(インソール部分)に、クッション性と防臭性のある、合成樹脂(クロスライト)が使われていますので、素足に靴を履きたい方にもおすすめです。

合成樹脂には 防水性もありますので、インソールに汗が滲み込まない、というメリットもありますよ。汗ジミになりにくいから、清潔に履いていられるのだ。

ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメン

女性サイズ/20~25cm【WEB限定 大きいサイズ/26cm】全4色

<サイズ感>ビーチライン ハイブリッド ボート シュー ウィメン

キャンバス生地が使われたことで、ラフな履きごこちになったのかな。いつものサイズで履いてみましたが、つま先の圧迫感が以前より少ないので、気持ち良く履けました。

甲も 深めに履けるデザインなので、脱げにくい。紐による、若干のサイズ調整なら可能だそうですよ。

公式のシューズガイドによると、前作のビーチラインボートシューが、快適なフィット感の「スタンダードタイプ」なのに対し、新作は、ややゆとりのある「リラックスタイプ」に分類されています。つまり、ちょっとゆったりめ。

おしゃれにアップデートされた、注目のマリンテイスト「ビーチライン」コレクションは、レディース、メンズ、キッズシューズとしても、シリーズ展開しています。

クロックス オンラインショップ