当記事は2014年クロックスのスリッパについて書いています。2016年秋には新作のクラシックスリッパが登場しました。

<更新>クロックスの「スリッパ」関連記事はこちらです

<姉妹ブログ/Sukinano恋するMONOレビュー>

ウィメンズ新作クロックスの着用レビューを公開しています

CD・DVD販売やレンタルショップのTSUTAYA(ツタヤ)のみで販売されていた、クロックスのルームスリッパ「クロックスロッジ スリッパ」に新色が登場。

クロックスロッジスリッパ ルームシューズ

2014年8月からはcrocs直営店とオンラインショップなどでも順次入手可能になります。 おうちで履くクロックスをイメージした「うちクロ」を展開し、外履き用のシューズと比べると、部分的に素材がソフトなため、室内フローリング等に配慮されたモデルになっています。

オリジナル素材のクロスライトは汚れても手入れがし易く、crocsのサンダル同様にタフな一面もあるのですが、今回はルームシューズとしてフェルト生地の暖かさで足を包みこむ、秋冬シーズンにおすすめなリラックスタイプのスリッパです。

<室内用クロックス>crocslodge slipper

クロックスロッジ スリッパcrocslodge slipper

クロックスロッジ スリッパ全4色/XS・S・M・Lサイズ

クロックスより快適なルームスリッパが登場。「クロスライト」素材のアッパーに、フェルト素材のフットベッドは暖かく快適な履きごこちを提供。アウトソールは滑り止め付きでフローリングにも対応。

抜粋/クロックス公式オンラインショップ

フットベッドにはふわふわのクッションを内蔵した起毛のフェルト素材が使われています。

なかなか無いよね、こういうクロックスも・・わたしはオードリー2をスリッパとして長く使用していましたが、インソール部分とアウトソール部分がやっぱり家用につくられているのは、クロックスロッジのほうだと思います。

クロックスロッジ スリッパcrocslodge slipper

床を傷付けにくい靴底です。↓

一般的なクロックスだとクロスライト(合成樹脂)か、ラバーソールになっていますが、ルームシューズなのでフェルト仕様になっています。滑り止めとしてシリコン素材も使われていますので安心ですね。

クロックスロッジ スリッパcrocslodge slipper

クロックスロッジ スリッパ

<サイズ・カラー>クロックスロッジ スリッパ

通常のクロックスではUSサイズですので1cm刻みにシューズを選ぶ必要がありますが、スリッパは4サイズのみとシンプル。男女兼用となっています。

クロックスロッジ スリッパ

  • XSサイズ(21cm~22cm)
  • Sサイズ(23cm~24cm)
  • Mサイズ(25cm~26cm)
  • Lサイズ(27cm~28cm)

新作カラ―は「レッド」と「ネイビー」です。TSUTAYAから先行発売されていたクロックスロッジスリッパには「エバーグリーン」と「ピンクレモネード」色もあります。

今季モデルにはベーシックなカラーリングが施され、定番色の「ブラック」、「エスプレッソ(茶)」も継続販売されていますので、お部屋履き用のシューズはインテリアにも合わせ易そうですね。

2016年秋にクロックスから新しいタイプのスリッパ・Classic Slipperが登場しました。

<NEW>クラシック スリッパ着用レビューはこちら

クロックス 室内履き クラシックスリッパ 暖かい 秋冬 Classic Slipper 

クロックス 公式オンラインショップ