2016秋冬モデルから、花柄プリントのレディースクロックスを集めてみました。

クロックス リナ ラックス フラット ウィメン

クロックスのフリーセイルは、女性のためのクロッグです。

クロッグ(クロックスの定番サンダル)というと、男女兼用という印象がありますが、

アメリカのcrocsでは発売以来・大ヒットとなり、2015年には日本に上陸。そんなフリーセイル(freesail)の2016年モデルがこちらです。

crocs freesail graphic clog w

クロックス フリーセイル グラフィック クロッグ ウィメン

スッキリ細身になったクロックスのサンダルは、まさに女性のために作られた新しいクロッグ。

公式では、もう、、、フリーセイルのスタイルを「ミュール」って呼んでますもん。んんん?(そうなん?)

クロックス フリーセイル グラフィック クロッグ ウィメン

華やかなフラワープリントが素敵でした♪(想像していたよりも派手さは控えめ)黒をベース色に、ピンク系のグラデーションで花柄をあしらったエレガントなグラフィック。

シューズの履き心地を示す、コンフォートレベルは「アイコニック コンフォート(レベル1)」に分類されます。昔ながらの着用感。

アイコニックコンフォートとは、クロックスブランドの基本となるモデルで、合成樹脂クロスライト素材のみを使用したシューズ。一体成型されたクロッグ類に多く見られますね。

クロックス 履き心地 コンフォートレベル 違い

  • アイコニックコンフォート:特殊樹脂素材クロスライトを1層(一体成型)で全面採用したタイプ。クロッグ類をはじめとする基本のクロックスです。
  • デュアルコンフォート:硬軟なアウトソールとインソールを2層構造にした、ダブルのクッション性がもたらす快適さが特長です。
  • トリプルコンフォート3層構造。デュアルコンフォートタイプの上にさらに低反発素材を付属させた、クロックス史上最高の履き心地。

2016秋冬 レディな花柄クロックス到来

フリーセイルとプリント柄は同じ。でもヒールがつくと、カジュアルなミュールから、格上げされた感がありました。

コンフォートレベルは「2」、二層構造のソールをもつパンプスです。

スリム型なので、ワイズ(足幅)にお悩みがある方にはオススメできませんが、

ウェッジソールのラクチンさと、ダブルのクッション性を併せ持った履きやすさがあります。

ヒールの高さは約6cmです。

足サイズが23.5cmの私の場合は、W7がベストのようです。

クロックス リナ ウェッジ ウィメン

エフォートレス&フェミニンな新作「リナ コレクション」を履いてみました。

フラットと、ウェッジがあり、ぺたんこ靴だって、スタッズ付きでディテールが凝ってるんです。

クロックス リナ ウェッジ ウィメン

クロックスの直営店でも、ちょっと目立つ存在の2016年新作・フラワーグラフィック。SNS映えするパンプス&フラットシューズです。

クロックス イヴ グラフィック フラット ウィメン

よーーーく見ると、色味が控えめなパターン違いもあるようですよ(TOP画像も参照)大人っぽいスタイルと可憐なフラワープリントが楽しめるコレクションです。

クロックス 公式オンラインショップ

リンクシェア レビュー・アフィリエイト