雑誌「モノ・マガジン」に掲載されたクロックスの新コレクション「ストレットソール」の分析が分かり易かったので、踏まえて紹介しています。

 3月2日号(709号)※

誌面の特集は、「いま買うべき、永遠の定番~ 最新スタイルまで」モノ作りへの履歴を辿り、インディアンジュエリー&クラフト にスポットが当てられています。2014年バージョン絶対保存版の大特集! (だそうです。)

新しいクロックス「ストレッチソール」について

私は展示会で履きごこちを体感してきました。たしかに「これまでにない シューズの誕生」と言えそう。モノ・マガジンで“超絶進化を遂げた最旬コンフォートシューズ”と紹介されたシューズです。

ストレッチ ソール ローファー メン

特許出願中(FIT2U(フィット トゥ ユー)テクノロジー)の凄さもしくはユニークさは女性目線からも確認できたと思います。

あらゆる足の動きに寄りそう、個性的なアウトソールが画期的なシューズで、連動するインソールとアッパー素材の工夫により、ストレッチソールの快適さが形成されていきます。男性向き「モノ・マガジン」読者なら、靴のスペックに魅了されるかもしれません。

ストレッチ ソール ローファー メン

 モノ・マガジンが分析<ストレッチソールの快適性>

crocsのストレッチソールを紹介する誌面からの抜粋です。男性誌を飾る文章の、出だしから「しなやか」・・という言葉が使われるんですよね。シューズのイメージを表現しています。

(メンズファッション誌の特集では「2014年はこの色(を着れば)モテる!」とか、見かけることがあるけれど、モノ・マガジンではコンフォートシューズの実力をフィーチャーした内容みたいです)

ストレッチ ソール ローファー メン

  • アウトソールの工夫:つま先と、かかとには滑り止めになるラバーソールを採用。カラーブロック(色分け)のデザインに「芸が細かい」とコメントあり。
  • 各ブロックの連結の工夫:パネル状になったソールをクローズアップ。タテ・ヨコ・斜めの動きにマッチする機能性が凄い靴。
  • アッパー素材の工夫:伸縮性のあるキャンバス生地を採用(写真で実証)ストレッチソールは、ゆったり履けて足にフィットする感じがします。

その他「インナー素材の工夫」と「インソールの工夫」についても、シューズの解説が掲載されています。

ストレッチソールコレクションは、男性用だけではなく、女性用シューズも展開しています。2014年 発売モデル全種をまとめた記事はこちらです。

ストレッチ ソール フラット ウィメン

<2015-01-22更新>ストレッチソール・コレクションに2015年の新色が登場しました。写真(上)は2014年モデルです。

新色はこちら↓

  • black / light grey(ブラック系)
  • tumbleweed / espresso(ベージュ系)
  • melon / stucco(サーモンピンク系)

ウィメンズ商品一覧はこちら

ウィメンズ大きいサイズ

クロックス オンラインショップ

<クロックス楽天>fam楽天市場店 正規販売代理店