「医療」や「飲食(厨房)」等の職場で、立ち仕事や足を酷使する方向けに開発された、クロックス ワークシューズの新コレクションを掲載しました。(最終更新/2016-10-21)

clogshoeワークシューズバナー

クロックスを象徴するのは「クロッグ」サンダルです。“クロックス”と聞いて連想できる、あの穴あきサンダルは、世界中で多くの人に知られていますが、同じようにみえてベースのモデルが違ったり、アップデートされたりと、常に進化を続けています。

アメリカン カジュアル発のポップな靴を作るブランドですが、流行に左右されない、スペック重視のコレクションも存在します。

ワークシューズ crocswatt vent

医療ドラマのワンシーンで、こんな「白クロックス」を見た事はありませんか?

クロックスワット ベント

お医者さんや、医療関係者向きに制作されたシューズで、病院内で見かけることもあれば、医療系TVドラマなどに、度々「白クロックス」が登場することもありますよね。(違いは後ほど説明します)

医療ドラマの「足元」に注目!?

クロックスワット ベント

【クロックスワット ベント】病院や医療施設などで働く方の快適性を実現するシューズ。「クロスライト」素材の快適性で長時間の立ち仕事による疲労を軽減。ヒールパートに放電性(ESD)の成分を配合。体にたまった静電気を分散し、計器類などに影響を与えたり、不快を感じにくいレベルに微弱化。

抜粋/クロックス公式オンラインショップ

フジテレビ系「救命病棟24時」オンエア後の反響は、かなり大きかったのだそう。シリーズ最新作では、主人公の小島楓 役を女優の松嶋奈々子さんが演じました。

劇中の着用アイテムだったらしく、crocsの医療系ワークシューズが注目されたそうです。

「クロックスワット ベント」と「クロックスワット」の違い

こちらの商品は販売終了しました

ちなみに、医療系ワークシューズ2種類の見分け方は、サイドに穴が開いているか/いないか・・その点をチェックしてみると分かり易いと思います。

【穴あり】着用時の通気を確保し、ムレにくい穴開きシューズ「クロックスワット ベント」がこちらです↓

クロックスワット ベント

【穴なし】水濡れの心配がなく、クロスライトの防水性でガードできる「クロックスワット」がこちらです↓

クロックスワット

ルックスの違いで、シューズの持ち味も違ってきますので、着用する環境に合わせて選んでいただくと良いように思います。

また実際の医療現場では、ワークシリーズではない(普通の)白クロックスで、勤務されている医師もいらっしゃるようです。

クラシッククロッグ クロックス

見分け方は、、、

通常、一般的なクロックスにはアッパーに「ジビッツホール(穴)」が開いています。そのため、甲の部分に穴が見られる場合は、普通のクロックス。

ワークシューズのシリーズは医療用も厨房用も、液体等の侵入を防ぐために甲が覆われているんです。

クロックスワークシューズ ビストロ 飲食 医療 白クロックス

写真:ビストロ(飲食-厨房用)/スペシャリストベント(医療用)

医療現場に おすすめのクロックス

crocswatt ventと、crocswattは、放電性(ESD)を発揮するパーツが組み込まれているため、精密機器を扱う、医療機関での使用に向いているモデルです。こちらの商品は販売終了しました

清潔感のあるカラーラインナップや、クローズトゥ(甲やつま先に穴が開いていない)デザインですので、水や液体濡れの心配が少なく、クロックスならお手入れも簡単ですよ。

お医者さんや看護師さんの他に、高齢者の日常生活をサポートする、介護福祉士(ケアワーカー)さんにも履きやすいシューズだと思います。全く関連性のない職業の自分も履いていますが、着脱も簡単だし、履き心地がラクチン。特に足を酷使する方におすすめです。

<NEW>クロックスの新ワークシューズ

当記事に掲載しましたワークシューズ「ワット/ワットベント」は販売終了しています。

2016年新作は、グラフィックプリントを施した「bistroビストロ(厨房用)」、医療用のワークシューズは「スペシャリスト ベント」としてリニューアルされています。

クロックスワークシューズ ビストロ 飲食 医療 白クロックス

女性用ワークシューズ(店舗・ネット限定サイズあり)

男女兼用ワークシューズ(店舗・ネット限定サイズあり)

全ての種類をみる⇒クロックスのワークシューズはこちら

クロックス オンラインショップ